FXの注文方法の基本と応用

FXの注文方法は、他の相場と同じで、成行と指値、逆指値の3通りが基本です。成行注文は、その時点での為替レートで売り買いする方法で、約定値段は市場任せですが、普通はすぐに約定します。



指値注文は、売りの場合は指定した為替レートより高いレートで売りたい時に、買いの場合は指定したレートより低いところで買いたい時に使います。


ただし、約定するかどうかは、為替レートの動きによります。
逆指値注文は、売りの場合は、現在のレートより低いところにレートを指定し、買いの場合には、現在のレートより高いところにレートを指定します。

これは、少しわかりにくい注文方法ですが、ポジションを建てている時の損切り、あるいは利益確定に使うか、トレンドフォローの新規ポジションを建てる時に使われます。
FXには、この他に、上記の3つを組み合わせた注文方法があります。



イフダン注文は、第1の注文と第2の注文を同時に出せますが、第1の注文が執行された後に第2の注文が有効になるという少し複雑なものです。


OCO注文は、第1の注文と第2の注文を同時に出すものですが、第1または第2のいずれかが執行されますと残りの注文は破棄されます。そして、イフダン注文とOCO注文を組み合わせたものが、IFOという注文方法です。これはイフダン注文の第1の注文とOCO注文の2つを組み合わせたものです。

すなわち、第1の注文が執行された後にOCO注文に相当する2つの第2の注文が有効になります。

魅力的な朝日新聞デジタル関連情報を解説します。

この他にもいくつかFXの注文方法はありますが、業者によって扱いが異なりますので、複雑な注文方法を使う時には良く調べてからにしましょう。